藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

初めての暗号通貨

ノンカテゴリ

初めての暗号通貨
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

暗号通貨とはなんぞやについて

暗号通貨の基礎知識をズバッと解説しちゃいます!

時代の最先端をいく暗号通貨

暗号通貨とは、日本で一般的に仮想通貨という言葉で知られているもので、円やドル、金やダイヤモンド以上に利便性が高く、安定し、世界中で利用できる次世代の通貨を目指してつくられたインターネット上で流通する仮想の通貨の事です。
インターネット上でやりとりされる単なるデータの一種で、それ自体には元々価値はありません。 しかし、それらを価値のあるものとして世界中の人々が取り扱えばそこには自然と価値が生まれます。

たとえば金やダイヤモンドを例に上げると、これらが価値のあるものとして全世界で共通して取引される理由はなんでしょうか?

金は金属の種類の一つですし、ダイヤモンドは炭素の塊です。
しかし、単に「綺麗だから」という理由だけの価値ではないのはおわかりですよね。
その理由は金の総量が世界中で限られた存在しかないとわかっている希少価値により、それを取り扱う世界中の人々が金の価値を決めているからです。後からいくつでも作れるものでは価値がありません。
「価値」とはそのようにそれを取り扱う人々が決めているものです。

暗号通貨とはこの金のように世界中で総量が厳しく制限されています。そのしくみと構造上、後から増やして使うことはできなくなっています。
そのため金と同じように使う人が増えることは、暗号通貨自体に価値があると考える人が増えることと同じことのため、「暗号通貨の価値」が上がり、それと「同等の価値のあるものとの取引」に利用されるのです。まさに「通貨」です。
では暗号通貨とはどのような仕組みで誰が考えて誰が作って誰が管理してどうやって使うのでしょうか?

暗号通貨というものはインターネットの無かった時代にインターネットの説明をしたり、クレジットカードの無かった時代に説明をしたりというような「今までに無かった新しいもの」であるため、今までの知識や経験で理解しようとすると難しいかもしれません。

暗号通貨の仕組みの前に、暗号通貨と最近では当たり前に使われている電子マネーの違いについてお話ししましょう。

「暗号通貨と電子マネーの違い」

現在、一般的に利用されている電子マネーは、基本的にその地域で使われている通貨を使用し、電子的に決済を行うために存在しています。
紙幣や硬貨を利用せず、電子的に決済を実現しているものの、実態としては、円という通貨をやりとりしていることには変わりはありません。
暗号通貨を利用して商品(同等の価値のもの)を購入する場合は、まず手持ちの”円”という通貨を 暗号通貨に両替しなくてはなりません。 円を暗号通貨に両替して初めて暗号通貨での支払いが実現可能となる のです。
つまり、暗号通貨は、円やドルと違い、仮想ではあるものの、「通貨」なのです。
一方、電子マネーは、貨幣を使わないで決済できるようにする「決済サービス」なのです。
以上より、暗号通貨=電子マネーにはならないのです。

「暗号通貨の目的」

暗号通貨の目的は、国家から独立した通貨を作ること。
つまり、世界中で日常生活に「使える」ようにすることなのです。
仮想通貨のため、紙幣や硬貨は存在しませんが、代わりにパソコンやスマートフォンをお財布代わりにして、物の売買が実現できるように作られているのです。 通常の通貨では、財政危機などで国家の信用が落ちれば、その価値も失われかねません。
そのため、国家の枠組みを超えた世界共通の通貨(暗号通貨)をインターネット上に作り、経済活動を円滑に進めることが考えられたのです。
簡単に言うと、あなたは今使っている自分の国のお金を信用していますか?ってことです。そしてそのお金を管理しているのは誰ですか?
誰も管理をしていないのに全世界の人が価値を認めていて通貨として使えるものがあれば一番いいのではないか?という目的を実現するために考えられたのが暗号通貨です。大雑把に言えば国が大赤字で倒産しようと暗号通貨は世界規模のため関係ないよということです。
では果たして誰がそんな仕組みを考えて作り上げていったのでしょうか?

「暗号通貨の仕組みと成り立ち」

暗号通貨の元祖と言えば「ビットコイン」です。このビットコインの仕組みが現在の暗号通貨全体の仕組みの大元となっています。

このビットコイン(暗号通貨)の原理を考えたのは「中本哲史(なかもとさとし)」と呼ばれる匿名の人物です。
アメリカの巨大掲示板(日本で言うところの2ch)に論文として投稿されたことがきっかけです。
今もこの人物がどこの誰なのかは解明されておらず、誰かわからないので仕組みの権利は誰にもありません。
つまりこの仕組みを考えたことによる利益を受け取っている人はいないのです。
その仕組みというのがSatoshi Nakamoto氏(中本哲史)が2008年11月に発表した
「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」
という論文になります。

2009年1月には、このビットコインの理論を実現するためのソフトウェアがオープンソースで開発され公開されました。
(オープンソースと言うのは開発プログラムの内容、つまり中身をどうやって作っているかの詳細が誰でも見れたり、書きかえられる状態で公開することです。)
この論文の中で出てきた「Blockchain(ブロックチェーン)」と「P2P(ピーツーピー、ピアトゥーピア)」という仕組みこそ、暗号通貨には無くてはならない、今までに無い画期的な技術だったわけです。
つまり、「暗号通貨は銀行のような中央を経由せず、直接、1対1で通貨のようなものを取引できる仕組みで、サーバー・クライアントモデルに基づいた信用によらず、取引ができます。」
この仕組みは、「P2P(ピーツーピー、ピアトゥーピア)技術と、公開鍵暗号といった暗号技術を用いて実現しているのです。

ここまでくると話しがだいぶ難しくなるので、追々説明していきたいと思います。

今言える事は、暗号通貨が世界の常識を変えようとしている事。
そして新しい常識が誕生する時、そこに大きなチャンスが生まれるという事。

そしてこのチャンスは誰もが掴む事が出来るという事。

ただ持っているだけで億万長者になれる可能性を秘めている事。

これらについて、次回詳しくお話ししたいと思います。

ではまた!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録